特定カテゴリのインデックスされない理由がわからない!効率的な調査と解決策の見つけ方

特定カテゴリのインデックスされない理由がわからない!効率的な調査と解決策の見つけ方

大規模サイト運営の複雑な課題

大規模サイトを運営する際、カテゴリページ、製品の紹介ページ、ニュースの一覧ページなど、多種多様なページのSEO状態を把握し、管理することは重要かつ困難な任務です。これら異なる目的と構造を持つページのクロール状況やエラーを一つひとつ精密に追跡する作業は、非常に時間と労力を要します。新たに追加された製品ページが適切にインデックスされているか、特定のキャンペーンページに誤ったリダイレクトがないかなど、細かい点にまで目を光らせる必要があります。これらの課題は、大規模サイトの成長と共に複雑化し、適切なツールや戦略なしには、質の高いSEO管理を行うことが困難になります。

従来の方法とその課題

Google Search Console

Google Search Console(GSC)は広く利用されていますが、手動でのURL一件ずつの確認は時間がかかり、大規模サイトには非効率的です。リアルタイムデータや詳細な分析にも限界があります。

URLインスペクションAPI

URLインスペクションAPIを用いると、大量のURLを一括処理し、リアルタイムでの詳細なデータ取得が可能ですが、これには開発者向けのスキルが必要となり、利用のためにはシステムの開発が必要になります。

Index Workerなら、任意のグルーピングごとのインデックス状況の調査が簡単に

Amethystが提供するIndex Workerを利用することで、Google Search Console(GSC)では得られないような、URLインスペクションAPIを駆使した大量のURLの一括処理が実現します。このツールにより、一般的なサンプリング手法とは異なり、指定した特定のURL群の検索エンジンへの登録状況を詳細に確認することが可能となります。さらに、任意のグループごとにクロールやインデックスの状況を簡単かつ迅速に調査することができるため、大規模サイトのSEO管理がより効率的になります。

Index Workerの活用

Index Workerを使用すると、以下のことができます。
  • 調査したいカテゴリや任意のグループごとにジョブを作りクロール、インデックス状況の調査を実施
  • ジョブをダッシュボード表示して、現状のステータスが一目でわかる

クロール・インデックスされなかった理由がすぐわかる

  • 調査しなければならないステータスが何件あるかを、すぐにみることができる

詳細ページの調査

詳細ページに進むと、以下がわかります。
  • クロールインデックスされていない原因やその詳細
  • URLの文字列で絞り込み検索も可能
  • URLの履歴も確認可能
 

URLの履歴

URLの履歴を見ることで、繰り返し調査しているURLがいつどのタイミングで、どんなステータスになったのかを確認することができます。

URLの調査方法

URLの調査は様々な方法があります。
  • XMLサイトマップやRSSフィードを登録し、指定したURL数をサンプリングして調査
  • 特定のディレクトリや新規作成ページのURL群を直接入力して、ページが公開された直後のクロールインデックス状況を確認
  • 定期的なクロールのスケジュール設定も可能

活用イメージ

  1. 新製品ページの迅速なインデックス確認: 新たに追加された製品ページが適切にインデックスされているかをIndex Workerで確認します。
  1. 特定キャンペーンページのクロール状況の監視: 期間限定のプロモーションページが正確にクロール、インデックスされているかを監視し、必要に応じて迅速に対応します。
  1. カテゴリページの定期的な状態チェック: 各カテゴリページのインデックス状況やエラーを定期的に確認し、SEO効果を最大化します。
  1. 新規コンテンツの検索エンジンへの登録状況確認: 新しく追加されたブログ記事やニュースリリースが検索エンジンに適切に登録されているかを確認します。
  1. 季節ごとのキャンペーンページのパフォーマンス追跡: 春夏秋冬の季節ごとに異なるキャンペーンを展開する際、それぞれのキャンペーンページが適切にインデックスされ、期間中に効果的にクロールされているかを確認します。
  1. サイトリニューアル後の既存ページのクロールエラー確認: ウェブサイトの大幅なリニューアルや構造変更の後、既存ページにクロールエラーやインデックス落ち、リダイレクトの問題がないかを確認します。

まとめ

大規模サイト運営においては、多種多様なページのSEO状態を効率的に把握し、管理することが重要です。これまでの従来の方法、特にGoogle Search Console(GSC)の手動確認プロセスでは、このような広範な要求に対応するのは時間がかかり、効率的ではありませんでした。しかし、Amethystの提供するIndex Workerを利用することで、大量のURLを一括処理し、各ページのクロール・インデックス状況を迅速かつ詳細に把握することが可能になります。
Index Workerのメリットは、インデックスされていない理由の内訳を明確に把握できる点にあります。具体的には、各ページがクロールされていない原因、インデックスされていない理由を詳細に分析できるため、問題が発生した場合の迅速な対応が可能です。これにより、SEO戦略をより効果的に展開し、サイト全体のパフォーマンスを最適化することができます。

Amethystのご利用方法・料金

今回のローンチは、Publicβ版としての先行利用を希望されるユーザー向けのものです。
本リリースに向けて、大規模サイトのSEO担当者に直接サービスを使用していただき、分析でお困りの点、ご要望などをお聞きし、 Amethyst をよりよいサービスにしていくためのものになります。

利用料金

Amethyst は3つのプランをご用意しています。 基本となるのは高度な分析やチームでのご利用に対応した「Teamプラン」です。
そして、スタートアップや小規模事業者のひとりSEO担当者向けの「Soloプラン」や、複数の大規模サイトを運用する企業でのご利用を想定した「Businessプラン」があります。
「Soloプラン」と「Teamプラン」は1年契約での特別価格があります。お問い合わせください。

お問い合わせ

Amethystについて詳しい説明や資料を希望される方は、以下のフォームからご連絡ください。送信いただいた内容をもとに、担当者より折り返しご連絡いたします。

Amethystの使い方、イメージが湧かなければ、現状のお悩みを聞きながらJADEのコンサルタントが貴社のSEO分析の悩みに乗る、個別無料相談会も開催しています。