Blog

自社名で検索したときに競合他社の広告が出る問題をGoogleは本気で考えてほしい

自社名や自社サービス名などをGoogleで検索すると競合他社の広告が出てきて、お金もかかるわクリック取られるわで辛い、という話は多くの広告主さんから本当によく聞きます。 費用と広告成果的なダメージはもちろん、◯◯社に広告出された!商標侵害だ!と恨み…

検索エンジン向けサイトマップはSEOに逆効果になる場合もある

【JADE】検索エンジン向けサイトマップ、XMLサイトマップのメリットとデメリット、リスクをご紹介。sitemap.xml などのサイトマップ公開は、必ずしもベストプラクティスではありません。

JADE主催セミナー「JADEコンサルタントが今伝えたい!検索マーケティングのとっておきの話」

本セミナーの趣旨 検索を中心としたウェブコンサルティングを提供する(株)JADE(https://ja.dev)による初のセミナー開催です! 「記事作りのハウツーじゃないSEOの話が聞きたい」「複雑化するSEOを捉える新しい視点を得たい」「新年度に向けて新しい検索…

伊東周晃、1月からJADEに参画します

皆様、はじめまして!2020年1月1日付で、JADEへ入社しました伊東 周晃(いとう のりあき)と申します。12月末までは「ぐるなび」に在籍しておりました。以後、どうぞよろしくお願いいたします。 というわけで早速ですが、新しい組織図です。 失礼しました。…

JADEへのジョインを決心した探究心と好奇心

こんにちは。株式会社JADEにジョインした村山佑介(@muraweb_net)です。好きなJリーグのチームは、浦和レッズです。浦和レッズの歴代で好きなプレーヤーは鈴木啓太です。 この記事を閲覧した方でJADEのことをご存じではない方は少ないかと思いますが、改めてJ…

未だにリスティング広告の運用手数料が広告費に連動して決まるということに、違和感がある

リスティング広告の運用を代行業者に依頼する際の運用手数料が、広告費に連動するということにずっと違和感を感じています。 あと数年でなくなるだろうと10年くらい前から思っていた私の予想は思いっきり外れていまして、まだ一般的な料金体系として生き残っ…

株式会社JADEに入社を決めた私の「これまで」と「これから」

はじめましてこんにちは! 2019年8月より株式会社JADE(ジェイド)に入社しました中島義久( @naqajima ) と申します。好きな食べ物はプリン(固め)です。 改めて、このたび縁あって「インターネットをよくする」というビジョンのもとGrowth & Integrityを…

Render Budget, or: How I Stopped Worrying and and Learned to Render Server-Side

Full client-side rendering in SPAs can still hinder the searchability of a site, especially for large-scale web services. By paying attention to 'render budget', owners of large-scale web services can help Google index their pages.

レンダーバジェットとは何か、あるいはなぜ私は心配するのをやめてサーバーサイドレンダリングを愛するようになったか

「クロールバジェット」ならぬ、「レンダーバジェット」があり、単純なクライアントサイドレンダリングは、大規模なサイトにおいては、そのサイトの検索可能性に対して大きな障害になり得る。ウェブマスター側でも配慮して、より良いウェブを作っていこう。

広告主が求める説明責任と、広告代理店の答えようのなさとの狭間

いわゆる運用型広告と言われる広告、特にGoogle広告やFacebook広告あたりは、どんどん扱いやすいものになっていっていますが、その反面、何がどうなっているかわかりにくくもなっています。 自動化が進んで設定と運用は簡単になったけれど、ターゲティング機…

【注意喚起】Google Maps最適化(MEO)業者への依頼は大きなリスクがあります

Google Maps最適化、MEOの悪質な業者への対応の記事です。 長い記事になりましたので、どうしても伝えたいことを3行でお知らせします。 Google Maps最適化、MEO業者は多くが悪質でリスクが有ることを知ってほしい Google Mapsの悪質業者、スパマーと戦うため…

SEO情報の断絶~情報収集で注意するべきこと

SEOはどんどんシンプルになってきました。そして、SEOはどんどん複雑になってきました。正反対のことです。しかしそれが両立するのがいまのSEOです。関わるサイトやそのターゲットなどで求められるSEOは大きく変わるため、このような反対のことが正しいので…